旅三昧&ときどき読書+映画

私は小泉牧夫。英語表現研究家という肩書で『世にもおもしろい英語』『アダムのリンゴ 歴史から生まれた世にもおもしろい英語』(IBCパブリッシング刊)という本を書いています。2018年4月に 出版社を退職し、41年にわたる編集者生活を終えます。それからは世界中を旅しながら、本や雑誌記事の執筆をする予定。お金はありませんが、時間だけはたっぷりある贅沢な旅と執筆と読書と映画の日々を綴っていきたいと思います。

旅三昧&ときどき読書+映画

私は小泉牧夫。英語表現研究家という肩書で『世にもおもしろい英語』『アダムのリンゴ 歴史から生まれた世にもおもしろい英語」(IBCパブリッシング刊)という本を書いています。2018年4月に出版社を退職し、41年にわたる編集者生活を終えます。それからは世界中を旅しながら、本や雑誌記事の執筆をする予定。お金はありませんが、時間だけはたっぷりある贅沢な旅と執筆と読書と映画の日々を綴っていきたいと思います。

アメリカでは3000円で運転免許が取れる

7月18日(水)、娘の家族はアメリカに帰っていった。2人の孫にとっては実質初めての日本は「とても楽しかった」と言う。フロリダの生活は、家も広くて住環境は申し分ないし、どこに行くのにも車で簡単に行ける。日本のようにバスに乗って電車を何度も乗り継…

「アンデルセン公園」と「おもちゃ王国」

7月10日(火)、娘だけが東京で人と会うため、娘の夫と私で孫2人を柏アリオに連れていき遊ばせる。子供用のかなり広いマットのスペースがあるのだが、近くに玩具店もあり、ちょっと目を離している隙に1人がいつの間にかそっちへ行ってしまう。娘の夫と2人で…

孫たちとの怒涛の日々

7月6日(金)、元同僚の荒川君と渋谷のクッチーナでパスタを食べる。彼も「あと2か月で定年だ」という。「やっと会社を辞めるという実感が湧いてきた」と。 1時半に荒川君と別れ、ドンキホーテで孫たちの室内履きのスリッパを買って羽田に急ぐ。到着は3時35…

サッカーはなぜ世界的スポーツなのか? 

サッカー・ワールドカップ、朝3時にベルギー戦のキックオフ。後半開始早々、日本が2点を入れリードした時には、ひょっとするとひょっとするかもと思ったが、その後3点入れられ敗退。最後の1点はアディッショナルタイム中だった。会社のことを考えずに、明け…

初ヒットが初ホームラン、頑張れヒガシオカ!

朝9時からヤンキース対レッドソックスの試合を見る。NHKBSもワールドカップを放送をしているので、CSのJ sports 2で。NYにいるKくんは試合に間に合って、スマホのQRコードを無事に提示できただろうか? TVに観客席が映るが、もし大丈夫だったらきっと内野席…

ヤンキース戦チケット、QRコードがNYに送れない?

6月27日(水)、渋谷センター街のイタリアン「Ventuno」。私がいた出版社の同僚のHくん夫妻と秋にハワイへ行くので、その打ち合わせ。「もう両親が歳なので、急に病気になって行けなくなったらどうしようか」という話になる。私も妻も、母親が高齢だったので…

定年したのに、なぜこんなに忙しいのか?

6月23日(金)、内外メディア研究会の例会で日本記者クラブに。週刊新潮の元編集長の講演。質問も含め2時間。その後、二次会。喫茶で講演を聞きにきた人たち数人とお茶を飲む。私が2か月前に定年退職し、最後の有給休暇を使って大西洋横断のクルーズ船の旅を…

書店で買ったイギリスの地図。送料が上乗せされていて倍に

6月20日(水)、午後1時半に柏キネマ旬報シアターで「男と女 モントーク岬で」を観る。あまりおもしろくなかった。主人公の男性が小説家だったので、深みのあるストーリーを期待したのだが。 東京駅の丸善(日本橋の店がなくなり、ここが本店になったらしい…

岡村孝子のコンサート。大好きな「Adieu」を聞きたかった

午後1時に越谷レークタウンで弁護士のIさんと会い、食事とお茶。何年振りだろうか? 私の『アダムのリンゴ 歴史から生まれた世にもおもしろい英語』を読んでくれ、「こんなに知的欲求を満足させてくれる本を読んだのは久しぶり」というメールをいただいてい…

韓国映画「タクシー運転者」も凄いぞ!

6月12日、9時35分から韓国映画「タクシー運転手」を観る。これもすごい映画だった。毎日こんなレベルの高い映画ばかりみていると、感覚がおかしくなりそう。 広州事件についてはニュース映像を見たりして、ある程度知ってるつもりだったが、韓国の他の地域と…

念のため「万引き家族」も観たが、私はやはり「羊と鋼の森」に軍配

朝から雨。午前中に車でジムに行ったのだが、すでに駐車場が満車で入口のバーの前に5台の車が並んでいた。ウィークデイ(月曜日)で、しかも午前10時30分。私もそうだが、こんな時間にジムに来るなんて、世の中には何と暇人が多いのだろうか! 仕方なしにジ…

「羊と鋼の森」はもう日本アカデミー賞でしょ! ライバルは「万引き家族」か?

昨日は、フニックス・ワインクラブのパーティがあり椿山荘へ。私のテーブルは「C」で、そこには編集者やイラストレーターが集められていた。 私は酒が飲めないのだが、妻と一緒にフランス料理、そしていろんな人と知り合えることを楽しみに参加した。隣の席…

「ペンタゴン・ペーパーズ」はアカデミー賞確定? ただし北朝鮮情勢次第・・・

午前中に映画を観てジムに行き、それから近くの焼肉屋でランチを食べる。 朝9時から駅ビルのキネ旬報シアターで「さよなら、僕のマンハッタン」という映画を観ようと思って行ったのだが、この映画も同時に上映中の「ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書」…

フランスの8月は「バカンス」の季節

昨日は、午後2時半に渋谷の眼科で視野検査を予約していたので、4月まで勤めていた会社の同僚とお昼を食べる。後輩のMくんが会社を辞めて、アメリカ系の雑誌の編集長になると言う。「良く決断した。頑張ってほしい」と思う反面、イギリスに本社のある出版社で…

夏はノルマンディをバイクで走る

午前中にジムに行く。何日か前に軽い熱中症のような症状になったので、あまり無理をせず、プールで水中歩行を20分、その後100メートルほどクロールで軽く泳ぐ。 LAの船会社から「大西洋横断クルーズで壊れたスーツケースの車輪の修復代は、送料と残高証明…

母が「行って来い」と送り出してくれた海外旅行

ジムに行こうと思ったのだが、ちょっと頭の奥が痛かったので、大事をとって家で過ごした。佐藤優著『十五の夏』という本を読み始める。43年前の1975年、高校1年だった著者が、両親から入学のお祝い代わりにお金を出してもらって行った「東欧・ソ連」の旅行記…

日本語ができなくて日本で働けるのかい?

朝9時に松戸のハローワークへ。書類を提出すると、会議室にで待つように言われる。これから再就職のための研修をするのだろうか、求人募集の検索機の使い方とかを教えてくれるのだろうか?などと思っていたら、予想は大きく外れた。担当の人が入って来て、先…

映画「ガンダル」が放つインド女性への強いメッセージ

昨晩は11時に寝て、今朝7時に起きNews 23の録画を見る。それから朝食を済ませ、キネ旬ステーションシアターに。「ガンダル きっと、つよくなる」というインド映画を観る。実際にあった女子アマチュアレスリングの金メダリストの話だ。この映画がなぜインドで…

夏にはノルマン・コンクエストを辿る旅へ

早朝にヤンキースの投手と田中とエンゼルスのバッター大谷の初対決があり、それを見ていたために寝るのが遅くなり、起きたのが朝10時。どうにか生活のリズムをつくろうという自分と、もう会社も退職したのだから好きなテレビを明け方まで見てもいいじゃない…

眠くて眠くて、お腹もすいて。気持ちが緩んでるのか?

帰国して1か月、いろいろなことが片付きつつあり、やっと落ち着きを取り戻す。 8月中旬からイギリス・フランスを旅して、後半にはスコットランドをドライブする予定。それまでしばらく日本にいるが、海外に関することを書いていきたい。同時に読書や映画につ…

船旅で壊れたスーツケース、損害賠償交渉の行方は?

大西洋横断クルーズで、スーツケースを船内の部屋に運んでもらう時に車輪が壊れてしまったことは何度も書いたが、その後どうなったかについて記す。 サムソンに電話すると、書類をメールの添付ファイルで送るので、必要事項を記入してスーツケースの中に入れ…

日本のYMCAのsound(サウンド)はsound(健全)

5月に入ってからも、退職とクルーズ両方の後始末でてんてこ舞い。だがうれしいことに、これからの仕事の打ち合わせも。 5月1日(月)、サムソナイトに電話。クルーズで壊れたスーツケースの見積もりを頼む。添付ファイルで届いた書類に必要事項を書き込んで…

定年退職は「お疲れ様」か「おめでとう!」か?

帰国してからも、怒涛のような日々が続いた。 4月25日(水)午前中は部会で退職の挨拶。午後はこれまでお世話になった方々へのメール文を作成。今晩は食事を9時までに済ませなければいけないので、6時半に退社。 26日(木)朝から人間ドック。50日の海外旅行…

世界1周の旅だったことに気づく

(帰国してから、あっという間に1か月が過ぎてしまった。退職の後始末以外にもいろいろなことがあって、ブログを書けなかった。決してさぼっていたわけではない。クルーズでスーツケースを積み込む時に車輪が割れてしまい、損害賠償をしてもらっているが、そ…

グエル公園は散策にはいいのだろうが・・・

4月21日、バルセロナ最後の日。明後日には飛行機に乗り、ローマ経由で50日ぶりに日本に帰る。 朝8時30分にグエル公園のチケットを予約してある。町はずれにあり、地下鉄のレセップスという駅から、歩いて15分だと言う。朝起きたのが遅かったので、レセップス…

ピカソの絵を見てユーミンの才能を想う

朝8時半過ぎにホテルを出てピカソ美術館に。フロントでは「歩いて10分」と言っていたが、教えてもらったようにホテルを出て左に行き、3つ目の路地を右に曲がってまっすぐ行くと5分ほどで着く。こんなに近かったんだ。実はもっと先にあると思い、歩いてくる人…

地下鉄でスリに遭う

4月19日、一昨日はモンセラット、昨日はフィゲラスと遠出が続いたので、今朝はゆっくり起きる。お昼にホテルの人が教えてくれたレストランに行き、パエリアを食べる。だが、かなり塩辛く、口の中が痛くなってしまうほど。私は高血圧なので、日本では極力塩分…

ダリ美術館で突然日本語が・・・

昨日船を降りホテルにチェックインすると、無料Wi-Fiが使えるようになった。日本で何が起こっているか、ゆっくりネット検索。メールも時間を気にせずに送れるということは何と幸せなことか。でも、それだけ普段の生活がITに毒されているということなのだが…

憧れのモンセラットでパニックに

4月17日、船には乗船客が何千人も乗っていて、みな一人ひとりスケジュールが違う。私のように今日バルセロナで降りる人もいれば、そのままローマやギリシャまで行く人もいる。一昨日の夜、各部屋に書類が配られ、船をどのような形で降りるのかを記入した。前…

カレンから渡された『どくとるマンボウ航海記』

4月16日、今朝、船内新聞Crown Patterに挟まれていたバルセロナの地図を見ると、市の中心地から少し離れた遠くの桟橋に船は着いたようだ。昨晩ホテルのホームページの地図を見ると港の近くだったので、これならホテルまでスーツケースを転がして歩いて行ける…