旅三昧&ときどき読書+映画

私は小泉牧夫。英語表現研究家という肩書で『世にもおもしろい英語』『アダムのリンゴ 歴史から生まれた世にもおもしろい英語』(IBCパブリッシング刊)という本を書いています。2018年4月に 出版社を退職し、41年にわたる編集者生活を終えます。それからは世界中を旅しながら、本や雑誌記事の執筆をする予定。お金はありませんが、時間だけはたっぷりある贅沢な旅と執筆と読書と映画の日々を綴っていきたいと思います。

旅三昧&ときどき読書+映画

私は小泉牧夫。英語表現研究家という肩書で『世にもおもしろい英語』『アダムのリンゴ 歴史から生まれた世にもおもしろい英語」(IBCパブリッシング刊)という本を書いています。2018年4月に出版社を退職し、41年にわたる編集者生活を終えます。それからは世界中を旅しながら、本や雑誌記事の執筆をする予定。お金はありませんが、時間だけはたっぷりある贅沢な旅と執筆と読書と映画の日々を綴っていきたいと思います。

プールサイドで聴く岡村孝子

昨晩、日本で留守番をしている妻から電話があり、クルーズ旅行を専門に扱っている東京のベストワンクルーズという会社から、4月3日に出港する大西洋横断の船旅の乗船券や荷物のタグなどの書類が自宅に届いたと言う。私はもう2週間以上前に日本を離れてしまっているので、この会社の田渕さんという担当者には、関係書類を自宅に郵送するのと同時に、私のPCの方にも書類のPDFを添付ファイルで送ってほしいと頼んでいた。

妻はその書類を1週間後に私が滞在する予定のフォートローダデールのモーテルに郵送し、私は田渕さんからメールしてもらったPDFの中から最低限必要なものだけをホテルのフロントデスクに頼んでプリントアウトしてもらう。船に乗る際にはPCのタブレットで書類のPDFを見せればOKだし、もしそれがなくとも最悪の場合はパスポートさえあれば乗船できると言う。本人確認ができるからだ。でも、印刷物に安心感を感じるのは、私がこのIT社会に馴染んでいないせいか?

フォートローダデールで私が泊まるモーテルに、書類を郵送したので私が行くまで預かってほしいという旨のメールを送ったり、ブログを書いていたら、夜2時半になってしまった。朝は5時半に起きてシャワーを浴び、7時15分のシャトルでディズニーワールドのアニマルキングダムというパークに行こうと思っていたが、諦めて今日は完全休養日にする。

今日は日曜日だし、学校も春休みに入っているので、相当な混雑が予想される。恐らく日本からもかなり数の団体旅行者が来ていることだろう。最初の予定では、時期をずらすためにワシントンDCから飛行機でオーランドに来てディズニーワールドで遊んでから、バスでフロリダ半島の内陸部にある娘の家に行き、またオーランドに戻ってフォートローダデールの港に行こうと思っていた。しかしそれでは、無駄な行程が多くなるため、春休みは承知でこんなスケジュールにしてしまったのだ。

11時に起きて、ホテルのカフェでハンバーグを食べてから、シャワーを浴びようと思ったのだが、先にプール泳いで、デッキチェアーに寝そべって本を読んだり音楽を聴いたりすることにする(シャワーを浴びた後、プールに行ったら、またシャワーを浴びることになる。物事には順番というものがある)。

アメリカの空はどこまでも高く青く広い。iPhone岡村孝子の曲を聴く。もう25年も前に彼女の曲が大好きになった。人生のいろいろな断面を切り取り、ものの見事な楽曲に仕上げる天才だと思う。かつて野茂英雄が彼女の「夢をあきらめないで」を聴いてメジャーリーグ挑戦を決意したことは、あまりにも有名な話だ。

私の勝手な想像なのだが、こんな素敵な曲をつくる人だけれども、意外と生きることに不器用で傷つきやすい人なのではないかと思う。いや、こんな曲をつくる人だから、と言った方がいいかもしれない。きっと何かに制約されたり、違う価値観を押し付けられたりすると、すぐに自分を見失ってしまいそうな気がする。いつも心が100%自由でなくてはならない人だ。何か私と共通する心を感じ取ってしまう。彼女の音楽に共感するのは、そんな似通った感性を持っているからなのかもしれない(もちろん彼女の感性の方が何十倍も豊かで、深くて、鋭いが・・・)。

午後3時半を過ぎ、少し曇ってきたので部屋に戻りゆっくりシャワーを浴びる。

デリバリーで寿司とワカメサラダとみそ汁をとり夕飯にする。デリバリー料金やチップを合わせると35ドルになってしまった。きっと日本の回転ずしなら3分の1の値段で食べられるだろう。コンビニで買えば4分の1以下だ。

外国人から日本は物価が高い、特に食べ物が・・・と言われていたのは、いつ頃のことだっただろうか?

 

f:id:makiotravel:20180326091020j:plain