読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

旅三昧&ときどき読書

私は小泉牧夫。英語表現研究家という肩書で『世にもおもしろい英語』(IBCパブリッシング刊)という本を書き、同時に某出版社で編集の仕事もしています。そんな私ですが、2016年5月から「セミリタイア生活」に入りました。執筆をしながら世界各地を旅して廻ることにしたのです。 お金はありませんが、時間だけはたっぷりある贅沢な旅と読書の生活――それは今まで私がやりたくてもできなかったです。自分にとっての(きっとみなさんにとっても)憧れの日々をこれからいろいろ綴っていきたいと思います。

Nice place to get lost!

f:id:makiotravel:20160710235348j:plain

ハミルトンには周囲4キロの「ハミルトン湖」があり、「ワイカト」という川も流れている。午前中に湖の周囲を散歩し、午後にワイトカ川のクルージングを楽しもうとホテルを出た。

広大な芝生のスロープを湖畔に向かって歩いていたら、ものすごい勢いで滑って背中から転んでしまった。ズボンとジャンパーの後ろにべっとりと土がついた。昨日は激しい雨だったから、芝生の下の土はかなり水気が多かったのだが、あまりにもきれいに整っていたので、それに全く気付かなかったのだ。右の足首もひねってしまったようだ。とにかくアスファルトの小道に出て、湖のほとりのカフェで朝食のサンドイッチとコーヒーを注文する。For here, or to go?(日本語にすれば「こちらでお召し上がりですか、お持ち帰りですか?」)と聞かれたので、ズボンのお尻のところを指さして、「滑ってズボンが汚れてしまったので、座りたいが座らない。外で立って食べる」と応えた。

食べ終えると、ちょっと足首が気になったので、ベンチにハンカチを敷いて座り靴下を脱いで見てみると、右のくるぶしが少し腫れている。押すとちょっと痛い。足首を回してみると、方向によっては痛みが強くなる。でも普通に歩く分には、問題ないように思えた。だが心配になって、大阪のカード会社に国際電話をして、今NZにいて捻挫してしまったこと、ゴールドカードを持っているので、いつも海外旅行保険には入らないで来ているという話をする。すると、医者にかかって帰国後その領収書を送ってもらえればカバーできるとのことだった。

私は湖の散歩を諦め、ゆっくり歩いてホテルに戻った。フロントでズボンを指さして、洗濯したいのだがと言うと、ランドリールームまで案内してくれた。そこには洗剤が入った箱もあり、それをホテルのスタッフもゲストもみんなで使っているとのことだった。もちろん洗濯機も乾燥機も無料だ。この前のオークランドのホテルとはえらい違いだ。

ホテルの部屋で足首を水で冷やしてみたが、どうやら通常の捻挫のようで、あまり問題なさそうだった。ズボンを履きかえて、今度はワイカト川のクルージングに向かう。ところが、どこが船の発着所なのかがわからない。途中に機の場所を聞くと、どうやら町から歩いて40分ほどの「ハミルトンガーデン」という川沿いの公園に受付と桟橋があるらしい。急いで歩いたが、そこに着いた時には、もう最後の船が出てしまった後だった。

残念だが、この広大な公園を散歩することにした。しかし中は迷路のようになっていて、おまけに地図もない。同じところをグルグル歩き回っているような感覚に陥った。青木ヶ原の樹海のようだというのはちょっと大げさか?! 犬の散歩をしている男性に聞いたら、親切に出口を教えてくれた。私がお礼を言ってから”Hamilton is the very nice place."と加えると、”Nice place to get lost.(迷子になるにも良いところだよ)と素敵なジョークを返してくれた。