旅三昧&ときどき読書+映画

私は小泉牧夫。英語表現研究家という肩書で『世にもおもしろい英語』『アダムのリンゴ 歴史から生まれた世にもおもしろい英語』(IBCパブリッシング刊)という本を書いています。2018年4月に 出版社を退職し、41年にわたる編集者生活を終えます。それからは世界中を旅しながら、本や雑誌記事の執筆をする予定。お金はありませんが、時間だけはたっぷりある贅沢な旅と執筆と読書と映画の日々を綴っていきたいと思います。

旅三昧&ときどき読書+映画

私は小泉牧夫。英語表現研究家という肩書で『世にもおもしろい英語』『アダムのリンゴ 歴史から生まれた世にもおもしろい英語」(IBCパブリッシング刊)という本を書いています。2018年4月に出版社を退職し、41年にわたる編集者生活を終えます。それからは世界中を旅しながら、本や雑誌記事の執筆をする予定。お金はありませんが、時間だけはたっぷりある贅沢な旅と執筆と読書と映画の日々を綴っていきたいと思います。

ディズニーワールドの面積は山手線内側の1.5倍

朝7時に無料シャトルウォルト・ディズニー・ワールド(以下WDW) へ向かう。途中いくつものホテルやモーテルに寄って人を乗せるのですごく時間がかかる。最後のホテルでは乗り切れない人が出る始末。春休みに入ったからだろう。子供連れの家族が多い。

WDWの面積は東京の山手線内側の1.5倍。「エプコット」「アニマルキングダム」「ハリウッドスタジオ」「マジックキングダム」という4つのテーマパークを中心に2つのウォーターパーク、2つのエンタテインメントエリア、20以上の直営ホテルなどがある。私は1週間滞在するので、1日にテーマパークをひとつずつ巡ろうと思う。

私が泊まっているのはClarion Inn Universal Studio。名前でわかると思うが、このオーランドにもうひとつある大きなパーク、Universal Studioに近いホテルだ。WDWは、同じオーランドでもはるか南の方にある。実はワシントンDCのホテルと同様、このホテルもネット予約をしている時に、うっかりミスで取ってしまったものだ。いろいろ検索していて、最後にWDWに近いホテルに決定しようと思った時、「残り1部屋」という表示が出た。慌てクリックしたら、なぜかその前に見ていた違うホテルが表示されていたらしく、ここを予約してしまったのだった(同じ部屋でも料金が2つ設定されており、私はいつも安い方にしている。高い方はキャンセル可だが安い方は不可)。このホテルからは、ユニバーサルへはシャトルが1日に何本も出ていて便利なのだが、WDWに行くには不便なことこのうえない。行きは朝7時と12時、帰りは午後6時と10時30分のみ。やはりネット予約は慎重にしなければいけない。

ホテルからのシャトルがテーマパークのひとつ「エプコット」に着く。別のパークに行くには、さらにパーク内を巡回するシャトルかモノレールかボートに乗り代えなければならない。私は次のシャトルで「アニマルキングダム」に行くことにした。日本的感覚では、4つのテーマパークはみんな隣接していると思うだろうが、それぞれがかなり離れている。エプコットからアニマルキングダムまではシャトルが猛スピードで走って20分もかかった。

入口の前には大勢の警官もいて荷物検査。バックパックの中身をかなり厳重にチェックされる。次に空港にあるような金属探知機を通過して、やっとチケット窓口に並ぶことができた。さらに40分、やっとOne adult 4-day ticket「4日間通しの大人料金のチケット1枚」を購入。

東京ディズニーランドはどうか知らないが、チケットはカードになっていて、入口で機械にタッチして右手の人差指の指紋認証をすると、やっと中に入れるようになっていた。『地球の歩き方』によると、「fast pass plusというパスで自分が乗りたいアトラクションを時間指定して予約すれば、待たずに優先的に乗れる。キオスクで予約できる」と書いてあったので、私は日本の駅の売店のようなところかと思っていたが、それらしきものはない。だが「FAST PASS+ KIOSK」という小さな表示があったので行って見ると、何か券売機のような機械が数台あるだけだった。その機械にカードをタッチすると、画面にアトラクション名と予約可能な時間が出てくる。3つまでの予約できると言うので、ダイナッソー、エクスペディションエベレストなど3つの乗り物を1時間おきに予約した。だが画面を閉じてしまうと何時に何を予約したかわからなくなってしまう。近くの係の人がいたので「時間などが印刷されたペーパーが出て来ないのか」聞くと(昔東京ディズニーランドに行った時、確かバーコードが印刷された紙が出てきた)、「画面の写真を撮れ」と言う。何ほど、そういう手があったか。

f:id:makiotravel:20180329091503j:plain

エクスぺディションエベレストは一番人気があるらしく、ファストパス無しで列に並ぶと(英語ではStand byと言う)すでに「70分待ち」になっていた。私はファストパスを持っていたので長い列に並ぶ人たちを尻目にどんどん前に進み、15分ほどですぐに乗ることができた。ダイナッソーもおもしろかった。途中で恐竜がワッと襲いかかってきたが、That’s OK! It’s vegetarian!「そいつは大丈夫! ベジタリアンだから」というアナウンスがあった。

f:id:makiotravel:20180329091517j:plain 

3つ目の乗り物全部を乗り終えると、またFASTPASSで1つだけ予約できるというので、キリマンジャロサファリを予約。日本のサファリパークなどと比べて物足りない気がしたが、大型ジープには屋根があるだけ。横には金網とかの遮るものが何もない。さらに日本のサファリパークでは、車が入る時に鋼鉄製の扉が開き、それが閉まると前の扉が開くようになっている。だがここにはそんな扉がない。ではなぜ動物は逃げないのか? 地面の上にコイル状の鉄線が何本も張り巡らせていて、そこに電流を流すことで動物にショックを与え、通れないようにしているようだった。ジープのタイヤはゴムだから、我々が感電することはない。ファストパスで、さらに2つのアトラクションを予約して乗ることができた。

6時少し前にホテルに戻るシャトルを待っていると、3人の日本人女性がいた。4月から社会人になるので、学生時代の最後の思い出にみんなでWDWに来て、明日日本に帰ると言う。私は「41年間勤め上げて最後の有給休暇を使って来ている」と言ったら、「私たちが定年を迎える頃のことが、全く想像もできません」と言っていた。