読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

旅三昧&ときどき読書

私は小泉牧夫。英語表現研究家という肩書で『世にもおもしろい英語』(IBCパブリッシング刊)という本を書き、同時に某出版社で編集の仕事もしています。そんな私ですが、2016年5月から「セミリタイア生活」に入りました。執筆をしながら世界各地を旅して廻ることにしたのです。 お金はありませんが、時間だけはたっぷりある贅沢な旅と読書の生活――それは今まで私がやりたくてもできなかったです。自分にとっての(きっとみなさんにとっても)憧れの日々をこれからいろいろ綴っていきたいと思います。

「セッション」は最高の映画!

昨日、午後4時半に成田に着いた。

朝までぐっすり眠ることができた。午後駅ビルにある映画館に「セッション」という映画を見に行く。私の住む街には郊外型のシネコンが4軒もあり、以前街でただ1軒だったこのステーションシアターはひどく廃れてしまった。正直、私はもうつぶれてしまったのではないかと思っていたくらいだ。ところがキネ旬がこの映画館の営業を始めたらしく、新作と昔の名画の二本立てで上映するようになったために、定年退職した映画好きの「団塊の世代」の人たちでかなり賑わうようになった。

私は5月に、1年間の期限付きでこの映画館の映画を無料で鑑賞できるカードを2万円で購入し、土日にはここで映画を見ることにしている。いま「無料で」とか書いたが、スクリーンが3つあり、スクリーン1だけは新作をやっていて、そこは正規料金。だが、スクリーン2と3は、このカードがあれば、何本でも無料で観ることができるのである。おまけにキネ旬らしく、昔の名画をリクエストすると、それに応えてくれるようなシステムになっている。いたれり尽くせりではないか!?

ニュージーランドに行く前にも、フランス映画の「仕立屋の恋」と台湾映画の「KANO」(これは2回目)を観た。そして、今日は「セッション」。昨年の映画だ。

以前、新作で上映している頃、観に行きたかったのだが、週末が土日の2日だけだったので忙しく見逃してしまった。でも、今のように木~日まで4日の週末があれば、このような名画をたくさん観ることができる。

しかし、この映画は凄かった。私がこれまで見た中で間違いなく5本の指に入る。いや、最高かもしれない。仕事でもそうだろうが、音楽のような芸術を極めるためには、こんな過酷な試練を受けなければならないのか? NZに行く前に「羊と鋼の森」という小説を読んで、いたく感動してしまったのだが、その内容と通じるものがある。

私のように少しだけ働いて旅三昧をして、日本に帰ってからものんべんだらりと映画を観て本を読んで、ジムでトレーニングをし湖の畔をウォーキングしながら、原稿も書くといった生活が許されていいのだろうか? 文章を書くということを極めるためには、もっともっと激しく自分を追い込まなければならないのかもしれない・・・などと考えてしまったが、反対に「これまで自分をとことん追い込んで仕事して来たじゃないか、もういいんじゃないか?」と言うもうひとりの内なる自分もいるのである。

この「セッション」は、J.K.シモンズがアカデミーの助演男優賞を獲得しているが、それほど大ヒットしたわけではない。これほどの映画が、である。なぜだろうか? 時代の雰囲気として、努力とか根性とが軽んじられて、格好悪いと思う人が多くなっているからかもしれない。だからこそかえって、今ほど努力と根性によって人生を輝かせることができる時代はないのかもしれない。

もしもバスに乗れなかったら・・・

ワイトモのホテルはチェックアウトが11時だと思っていたら、10時だったので、1階のレストランで朝食をとり素早くパッキングを済ませて、ホテルを出て歩き始めた。まだバスの時間までは、1時間半もある。バスが発着する観光案内所の手前にカフェがあったので、そこでコーヒーを飲みながら本を読むことにした。

そのカフェはモーテルも兼ねているらしく閑散としていたが、カウンターに若いマオリの女性がいたのでコーヒーを注文した。Where are you from?と聞くので、Japanと応えると「おはようございます」とたどたどしい日本語で言う。「学校で日本語習いました。ひらがなとカタカナだけ。漢字は難しくダメ」と言った後で、「発音はマオリの言葉とよく似ているので、簡単です」と言う。

私も「そうなんだよ、wakaってマオリ語でカヌーのことでしょ? wakaは日本語ならyoungという意味なんだ。例えばwakamonoと言ったら、それはyoung guyのことだよ」と言うと、とても嬉しそうに笑顔を見せた。

テーブルについて、先ほどのホテルの領収書を何気なく眺めたら、accomodation(宿泊)が2泊になっていた。1泊のはずなのにおかしいと思い、「ホテルの領収書が違っているので、もう一度ホテルに行ってくる。スーツケースを預かってもらえないか」と聞くと、Yesと言ってくれた。

10分ほど歩いてホテルに戻り、フロントの女性に説明するとAh, that's a good question.とこともなげに言う。「別の人の領収書を渡してしまいました。これが正しいものです」と言って、別の領収書をプリントして渡された。クレジットカードの請求は全く問題いないと言う。

観光案内所で「バスはこの観光案内所で停まることになっているのだが、通りのこちら側かあちら側か」と聞いてみたら、「道の反対側」だと言う。念のために聞いてよかった。反対側で待っていたら、そのまま私を乗せずに行ってしまったかもしれない。1日に1本のオークラド行きのバスだ。これを逃したら、明日早朝の飛行機には乗れなかった。こんな小さな村ではタクシーもないし鉄道もない。オークランドまで特別に車をチャーターしたら、数万円かかってしまったかもしれない。

以前フランスのボーヌという小さな村で、ディジョン行きのバスに乗ろうと思って待っていたら、道の反対側にバスが来て乗れなかったことを思い出した。その時は近くに駅があったので列車で行くことができた。東京行きの飛行機の出発の2~3日前だったし、ホテルも予約をせずに泊まり歩いていたので、そんなに大きな問題ではなかったが、今回は違う。

とにかく、道の反対側で待っていたらバスが来て、無事にオークランドに帰ってきた。でも3時間半走ってトイレ休憩が1度だけ。私のような‟老人”には、ちょっときつい。

一昨年の夏、アメリカでフロリダ州マイアミからキーウエストまでグレイハウンドのバスに乗ったが、すごく汚いながらもバスにはトイレがついていた。NZのInterCityバスも、もうそろそろトイレを取り付けることを考えたらどうだろうか?

 

洞窟のツチボタル

朝7時45分のバスでロトルアを出て、ワイトモという村に着く。ここのワイトモ洞窟は、北島の団体旅行のツアーでは必ず訪れる有名な観光地らしい。以前、もう20年も前になるが、会社の先輩二人が別々にNZに来ていて、偶然会ったという場所だ。

ホテルにスーツケースを預けて、10分ほど歩き、この洞窟の入口の受付に行ってチケットを買っていると、次々に中国人の団体がバスでやって来る。NZに来てから、本当に日本人に会わない。毎年数多くの日本人が海外に行っているのに、私が旅するところではほとんど日本人に会わないのは何故だろう。

昨年暮にニューオーリンズに行った時も、日本人とは合わなかった。いや、ひとりだけいた。プリザベーションハウスという一番古くて有名なジャズハウスで、ピアノを弾いていた日本人女性がいた。かなり有名なピアニストらしい。でも、その人はそこに住んでいる人で、旅行者ではない。

ワイトモに話を戻すと、この洞窟にはツチボタルという蚊に似た昆虫の幼虫が鍾乳石にへばりついていて、それが蛍のように光るのだと言う。最初は歩いて鍾乳洞を見学。こんなところに来たのは、高校生の時に奥多摩日原鍾乳洞に行って以来だ。見学の最後は、ボートに乗って真っ暗な鍾乳洞の中で、星空のように怪しく光るツチボタルの光を見る。何かディズニーランドのアトラクションのようだったが、ここは人工の施設ではない。全くの天然のものだ。

だから最初、このボートはどうやって前に進んでいるんだろうかと不思議だったが、スタッフが船首に立って、上に通してあるロープをつかんでたぐっていたのだ。それがわかったのは、洞窟から抜けたボートツアーの最終地点が近づいて明るくなったためだ。

洞窟近くの「ワイトモ・ケイブス」というホテルで、いまこれを書いてる。やっと無料Wi-Fiが使えるホテルに来た。周りには何もないので、ホテルのレストランで夕飯を食べる。リブステーキはとてもおいしかった。これまで食べたステーキで2番目だ。1番はアメリカLA郊外のロングビーチのステーキ専門レストランで食べた直径20センチもある厚い肉だった。とにかくパンも食べず、ひたすらステーキだけを口に入れ、完食したのだった。ものすごくおしいから、あんなに食べられたのだが、このホテルのレストランのステーキもそれにおとらずおいしかった。

明日はバスでオークランドに戻り、明後日は日本に帰る。暑い日々が待っているだろう。

 

間欠泉と温泉

f:id:makiotravel:20160710124606j:plain

昨日(7月5日)は、ロトルア郊外にあるTe Puia「テ・プィア」というところに行った。マオリのショーや間欠泉「Geyser」で有名な施設だ。街の中心の観光案内所で、「間欠泉は何時に噴き出すのか」と聞くと、"Every time."と言う。行ってその意味がわかった。”間欠泉”だから、私は一定の時間に一度噴き出すのかと思っていたのだが、常に熱水と蒸気が数メートル上がっていたのだ。ただ「1時間に2回ほど高く吹き上がる」と言う。上の展望台にいたら、少しずつ高く噴き出すようになり、最後には蒸気だけでいえば4,50メートルには達していたのではないかと思う。

箱根の大涌谷を、もっともっと広大にして熱湯の噴射を激しくしたような場所だ。周りの岩も硫黄で、白かったり黄色かったり様々で、これで「温泉玉子」を売っていれば、完全に日本だ。去年、会社の同僚と行った、九州・島原の普賢岳の近くにも同じようなところがあったっけ。

ロトルアに戻り、またポリネシアンスパに行く。中がLake Supa、Adult Supa、family Supa、Private Supaがなどいろいろに分かれていて、この前は60ドルも払って湖の畔のLake Supaに入ったのだが、今日は子供が入れないAdult Supaに行った。27ドル。

昨日もここで十分だった。貴重品を入れるロッカーがあり、残りの洋服や靴はプラスチックの箱に入れて棚に突っ込んでおくシステム。貴重品ロッカーを探してウロウロしていたら、スタッフが声をかけてきた。「韓国人だ」と言う。私が「3年前に韓国に行って、チョンジュとアサンに行った。韓国人の友人がアサンの大学の教授なんだ」と言うと、「アサンにはとても良い温泉がある」と言う。「ああ、その温泉に入ったよ」と言ったら、うれしそうに握手を求めてきた。

日本のようにサウナや打たせ湯や薬湯があるわけではないが、8つくらいの温泉があり、一番熱いのが42度だった。そこの泉質は最高だった。本当に体が癒されて、心の疲れも少しずつ取り除かれていることが実感できた。結局3時間も過ごしてしまい、ホテルに帰ってぐっすり眠ることができた。

 

博物館と水陸両用車

WiFiが使えるうちに今日のことを書く。午前中にロトルア博物館に行く。もともと温泉治療のための施設だったのを「博物館」にしたのだと言う。なぜかチューダー朝の、雰囲気のある建物だ。

展示はなかなか面白かった。驚いたのは、アジアから南太平洋の島々に人間が渡ってきて、最後にニュージーランドにたどり着いたのだと言う。それが何と西暦1000~1300年頃。日本の鎌倉~室町時代だ。断っておくが、ヨーロッパ人ではなく、マオリ族の祖先が着いたのが、今から700年前だと言うのだ。にわかには信じられない。

広い南太平洋をカヌーに乗ってどのように航海できたのか、という展示も興味深かった。方向を知る方法には、①星の位置、②潮流の色の違い、③渡り鳥の向かう方向に加えて、④雲があった。高く立ち上る黒っぽい雲の下には、島か陸地があるとわかるのだそうだ。この歳になって、こんなことが学べるなんて、人生は何と楽しいのだろう。

午後、水陸両用のDUCKという乗り物に乗って、郊外までドライブし3つの湖でクルージングを楽しむ。どの湖も、火山の噴火でできたクレータに水がたまったのものだと言う。ドライバー兼船長兼ガイドのニュージーランドなまりのきつい英語も、エンジン音がかなりうるさかったが、少しずつ理解できるようになった。

この水陸両用車は、昔ノルマンディー上陸作戦でも使われた年代物で、修理しながら大切に乗っていると言う。そういえば5年程前に、オーストラリアのケアンズに行った時も、水陸両用車に乗ったことがある。その時のドライバーがこんなことを言っていた。「この前、日本の高齢の女性が来てね、終戦直後にこれと同じ乗り物に乗ってアメリカ兵が海から浜辺に上陸したのを見たと言うんだ。驚いたね」。

f:id:makiotravel:20160710121704j:plain

 

日本人に合わないヘルメット

f:id:makiotravel:20160710121725j:plain

まず、昨日7月3日(日)のことについて書く。ロトルア郊外に「スカイライン」というゴンドラやリフト、(雪ではなく)アルファルトの上を滑る「ルージュ」などがあるレジャー施設がある。日曜でバスの本数も少ないし、きっと混んでいるに違いないと思い、行くのを躊躇してたのだが、やはり「まず最初に山の上から街と湖を眺めてみよう」と、思い切って行くことにした。だが、やはり裏目に出た。もの凄い混み方で、ゴンドラに乗るのに30分、上に上がってリュージュの順番が来るまでに1時間も待つはめになった。

ルージュで滑るためには、ヘルメットをかぶらなければならないのだが、これが日本人、特に私のような中年にはなかなかの難物だ。以前、カナダ・バンクーバーのスタンレーパークーで自転車に乗った時、娘と息子は顔(頭)が長細いのでフィットしていたのだが、ヘルメットをかぶった私を見て、妻が「何か頭の上にドンブリの蓋を載せてるみたいね」と言ったことがあった。3年前に自転車を買った時も、そこの店主(元オリンピック候補選手)が「日本人にはヨーロッパでつくったヘルメットが合わないんですよ。頭の左右が広くて、そこが当たって頭痛になる人が多いんです」と言った。「顔平たい族」(映画「テルマエロマエ」より)とはよく言ったものだ。

ラージサイズを選んだのだが、案の定、長時間順番を待っている間に、頭が痛くなってきた。脱いだりかぶったりを切り返しながら、ヘルメットと日本人の頭の形についていろいろ考えたのだった。

ルージュはハンドルを前に押すと「Go」、後ろに引くと「Sotp」なのだが、途中で止まってしまい、どうしても動かなくなった。後ろからはビュンビュンとルージュがやってくる。焦ってハンドルを前に押したり、左右に振ったりしているうちに、なぜかまた滑り始めた。3つコースがあるうちの、中級のコースを選んだのだが、かなり急で怖いコースだった。でも、1時間も待ってルージュに乗る63歳って、一体何なんだろう?

午後遅くになって、ロトルアに戻り、ポリネシアン・スパに行った。温泉だが、日本と違って水着で入る。泉質もよく、かなりリラックスできた。だが、あまり調子に乗って長時間入り、「湯あたり」でもしたら、旅の後半が大変なことになると思い、いいところで引き上げることにした。マオリ族も戦で傷ついた体を、この温泉で癒したと言う。先日からの捻挫も、こころなしか痛みと腫れが引いたように思えた。まだ3日ある。ここにはもう一度行ってみよう。でも、64ドルは高い!

f:id:makiotravel:20160710121719j:plain

 

カードとWiFiが使えない!

朝10時15分のバスに乗って、12時15分にロトルアに着く。どこまでも緑の牧草地の丘陵が続き、時々牛や羊の群れがのんびり草を食んでいるのが見える。空は真っ青だ。そんな景色を見ていると、本当にリラックスできる。思ったよりも羊が少なく牛が多いように感じた。やはり、今は羊肉より牛肉の方が需要があるからだろうか? 昔イギリスをドライブした時は、本当に羊だらけだったっけ。

ところで、こんなふうにどこまで行っても牧草地が続いていると、人々が自然を大切にしているから、と考える日本人がいるかもしれないが、これは森の木々を伐採して牧草地に変えた"自然破壊”の結果だということをご存じだろうか? スイスもウィリアム・テルが活躍していた昔は森だらけだったが、今では牧草地が多く、それがこの観光立国の典型的な景色になっている。スイスでは、木を1本切ったら、その代わりに1本植えなくてはならないと聞いたことがある。

ロトルアの中央バスセンターに到着するとすぐに、6日のワイトモ行き、7日のワイトモからオークランド行きのバスを予約した。ワイトモ行きは朝7時のバスだと言う。もっと遅いのはないか、と聞くと1日に1本きりないのだと言う。当日にチケットを買って乗ってもいいかなと思っていたが、予約してよかった。ところが、クレジットカードで払おうとしたが、どうしても無効になってしまう。仕方なしに現金で払う。ホテルに着いて、再度確認してもらったが、これもダメ。すぐに大阪のカード会社に電話すると、カード自体には何の問題もないと言う。「今朝もハミルトンのホテルで使われていますよね」と言われた。行動が一目瞭然だ。「ええ、その時は何の問題もなかったんですが……」と言うと、ホテルやレストランの機械に問題があることもあると言う。とにかく「問題ない」と理解して電話を切った。

湖の畔のカフェでお昼を食べた時にカードで払ってみたが、何の問題もなく使えた。そのうちに、なぜ無効になったかの理由が分かってきた。ピンコード(暗唱番号のこと)を押す前に、check, saving, creditという表示が出て、ひとつを選ぶようになっている。カードから差し引かれる私の口座は「普通口座」だ。英語ではsaving accountとなる。そのためにsavingを押していたのだが、creditを押さなければいけなっかったようだ。

今朝のホテルでは、フロント係が「credit」を押してから、私にピンコードを入れるように言ったので問題なかったのだ。しかし海外に行くたびに、いろいろシステムが変わるから、なかなか時代についていけない。帰国したら、カード会社にカードが使えなっかった理由を教えてあげよう。

今のホテルは、かなり有名なチェーンなのだが、WiFiは無料ではなく、ロビーと横のカフェだけで使えると言う(部屋では使えない)。それでも1日の期限付きで10ドルだと言う。「それじゃあ、仕事ができないじゃないか」と思ったが、今日の仕事は校正刷と音声のチェックで、すべてドロップボックスに入っている。ならWiFiにつながなくても作業はできる。部屋でその仕事を終えると、ロビーでメールを送り、このブログを書いている。ブログを書くたびに800円払うのは、しゃくなくので、明日はブログは休みにする。ゴンドラで山の頂上から町と湖を眺めたり、温泉に入りに行く予定なので、おもしろいことが起こりそうなのだが……。

今度から、必ず「無料WiFi」となっているホテルを予約しよう。